FC2ブログ
ほぼ毎年、卒業式シーズンになるとオーダーが入ります。

朝鮮学校で保護者の方々がお世話になった先生への贈り物として、または朝鮮学校の卒業入学式の参列のためオーダーが入ります。

20190530075931698.jpg


韓国の伝統韓服や改良韓服とはスタイルが異なります。
特にチマのスタイルが違いまして、丈は膝下までで巻きチマではなく筒状のチマになり、横開きのスタイルになります。左脇のところでホックで留める形です。

チョゴリのコルムやえりの形は少しずつ変化を遂げておりまして、今の韓国で見かけるようなデザインになってます。
(昔ながらのチョゴリの製作ももちろんokです)
20190530075928ac0.jpg
↑タックなしのチマ(下の水色チマはタックあり)

↓トンチマ チマが巻きチマではなく、筒状になってます。
201905300759330d8.jpg
スポンサーサイト
2019.05.30 Thu l チマ・チョゴリ l コメント (0) l top
201905300732043e0.jpg

久々の官服です。

丈が長いのも理由のひとつですが、縫製がややこしくて、完成まで少し時間がかかる作品です。

20190530073301add.jpg

生地はポリエステル素材のヤンダンで、日本ではサテン生地になります。
201905300733282b0.jpg

胸と背中につける刺繍の在庫がなくなったので、次回オーダーが入った場合、刺繍を探すところからしなくては…
2019053007345845a.jpg
2019.05.30 Thu l 官服 l コメント (0) l top


約70年物のアンティークミシン、職業用足踏みミシン BROTHER TA1-B18

足踏みミシンは大好き。でも生産ペースが落ちるので、仕事にはほとんど使われずに荷物置き場と化してました。

足踏みミシンに簡易モーターYDK YM-61R をつけて使ってましたが、工業用ミシンに慣れきってしまうと、針を止めるタイミングに手間がかかるので不便でした。

でも、この黒々とした大きいヘッドとくびれたフォルムがとても好き。




狭い作業部屋にミシンが3台。使わないなら手放すべきか…寄付すべきか…

いや、やっぱりそれは心も痛いし、手放したらもう二度とこの手のミシンには出会えないかも…それも嫌。
ロックミシンも含め5台あるうち、もし仕事やめて処分しても絶対最後に残すのは、この足踏みミシンと決めてる…でも、このままだといつまでたっても使えない…

ここ数年、悶々としてたところに、先日たまたまヤフオクでこのミシンに使えそうなアイテムセットを発見!

サーボモーター、フットコントローラー、トルクアッププーリー、検針器、おまけにありがたいことにアンティークミシン用のパーツ(出品者による自作品)までセットになってて迷わず落札。



届いてから各パーツや取り付け位地等、諸々がわからずしばし混乱状態に…

幸い出品者がYouTubeに画像を載せてたので片っ端からみてヒントを得ました。

通常の工業用ミシンと同じようにテーブル下にモーター設置をしたかったのですが、足踏みミシンの大きな車輪とプーリーが接触するし、ベルト穴は狭いし…台を加工するか?車輪はずすか?

悩みましたが、現状は維持することに決め、思いきって台の上にモーターを固定。



トルクアッププーリーは120mmでXLベルト(黒色)対応のギザギザつき、はずみ車も同じくギザギザの溝がついてます。

実は、購入当初はこのギザギザの溝がないノーマルなものでしたが、針18号で縫う厚物だとベルトが滑って縫えなかったので、出品者に問い合わせたところ、XLベルト対応のプーリーを教えてくださり交換しました。これでがつがつ縫えるようになりました。



最後につけるのが、検針器。フットコントローラーを離したら針が必ず下の位置(上に設定も可能)で止まる機能で、結構これ大事なんです。

知らなかったのですが、検針器をつけるためのパーツが工業用ミシンは出回ってるのですが、家庭用、アンティークミシン用はないらしく、出品者の自作品だとか。



取り付け時に少しトラブルが発生し、出品者にこと細かく状況説明をしたところ、製品に問題点があることがわかり、さっそく作り直してくださいました。ここまで対応してくださるなんて、ありがたいです。メールだけでしたが、やり取りをしてるとミシンに対する情熱が伝わってくるので、こちらもミシン好きな者としてはとにかく嬉しい。いい職人さんや~



トルクアッププーリーを扱うのは初めてで、良い点は厚手が縫えるとしか知らなかったのですが、縫い始めや縫い終わりの低速状態で、思った位置に針を持ってきやすくて、あらま~使いやすい!場合によっては検針器機能なくてもピタッと針が止められるとわかりました。

ミシンにサーボモーターを取り付けるのは今回で二回目なんで、ある程度状況把握できるのですが、検針器の取り付けは初体験!

ちょっとドキドキでしたが、これまたYouTubeを参考にしやってみると何てことない!さくっとできてしまいました。固定するステーも思ってたよりも、適当にあるもので代用できるとわかりました。



操作ボックスはテーブル幅が狭いためネジで固定できなかったので、吊るしてあります。
フットコントローラーも結束バンドで固定。
商品についてたLEDライト(コード式ですっきり)も配置して手元バッチリ!



見た目的に改造は抵抗がありましたが、使わずに放置されてることの方が良くない!という結論に至りました。

足踏みミシンとしての機能はちゃんと残してありますので、元に戻すことも可能です。←自己満足!



今回トルクアッププーリーって何?XLベルトって何?って思った位、ミシンに詳しくない私(40代後半のおばちゃん)が、インターネットを検索しまくってここまでできました。このブログがご参考になれば幸いです。
2019.04.13 Sat l ミシン等の道具 l コメント (0) l top